FZ1 FAZER マフラー交換【アクラポビッチ】

バイク 整備
この記事は約2分で読めます。





FZ1 FAZERのマフラー交換します!
(ブログ書きながら、交換したのいつだっけ?というくらい前にやったのは内緒)

交換するマフラーは『AKRAPOVIC アクラポビッチ スリップオンマフラー』です。
アクラポビッチ マフラー

ニンジャの時もマフラー交換しましたが、FZ1のマフラーには、排気デバイスのワイヤーがついているので、
これを外してからマフラー本体を外します。
マフラーの根本とシート下に繋がっているので、どうにか外しマフラーを外しましたが、重い。。。

純正マフラーとアクラポビッチマフラーの重さを測りましたが、この差!
純正6.9kg、アクラポビッチ2.1kg
純正 重量 アクラポビッチ 重量
か、軽すぎる!約5kgの軽量化です!!これはありがたい。

その後無事マフラーを取り付け、エンジン始動。
音は純正より静かな気がします。というか純正がうるさい

取り付けた後にテスト走行も兼ねて近くの広場へ。
少し高回転で回すといい音しますね。
広場でバッフルを外し、音の比較をしました。

感覚では、バッフルを外すと低音が良くなります。音量的には純正と変わらないんじゃないか?って感じです。
うるささは、バッフル無し ≧ 純正 > バッフル有り って感じです。

もちろんバッフル外すと車検通らないし、違法なので付けますが、バッフル外せる構造だと外してなくてもアウト
とかなんとか聞いたけど本当かいな。つけてるし、純正より静かだからいいじゃんといった感じです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました